TOEICのスコアを上げたい方必見!家庭教師業者6選

LINE UP

Home > TOEICの為の家庭教師について > 家庭教師で使える英語をマスターして世界に羽ばたく

家庭教師で使える英語をマスターして世界に羽ばたく

これからの時代は英語ができなければいけない、そう言われてきた世代は一生懸命に難しい英文法のテキストをこなしてきました。それで実際に英語が身に付いたのかと言えば、けっしてそうではなく、大概、受験英語をマスターするに留まってしまいます。これではとても使える英語とは言えませんよね。よく言われることは、日本人の英語は難しい文法の知識などは充分にあるのですがどうも会話ができない、ということです。これは何も今始まったことではなく、明治時代、古くは江戸時代から続けられてきた日本独特の英語学習と言えます。とにかく難解な英文を読むこと。実はこれが英会話の妨げとなっているかもしれないのですね。他の国ではこうした英語学習はしていません。残念なことに、日本人の英語力は世界でも低いとされているのです。

考えてみれば、一般的な日本人は中学校から英語の科目が追加され、高校、大学と、実に10年間も英語というものに触れてきているのですね。今は小学校から始めるところもあるようです。しかし、それでも社会に出て外国人とすんなり会話ができないのはどうしてでしょうか。その理由は前述した通りなのですが、もう一つには実際に会話重視の学習を行っていないことが指摘されていますね。たとえばこんな話があります。ある外国でどこから見ても教育を受けていないような少年が、英語圏の歩行者に路上で何か物を売っていました。少年は物を買ってもらいたいから必死で英語を使う。それがいつしか会話になっているというのです。人は切羽詰まった状況になれば、どんな形でもコミュニケーション手段というものを身につけるということなのですね。

使える英語というのは、極端なことを言えばネイティブな英語ということになります。これはけっして受験英語では身につけることができません。今、こうした活きた英語力をつけるために、TOEICを受けてそのスコアを上げるために日々頑張っている人も増えています。このTOEICのスコアは、たとえば大学生が英語を使うような会社に就職する際にはかなり有利なものになるのですね。もちろん、そのスコアは高ければ高いほどいいわけです。スコアを上げるのはかなり難しいことですが、今はTOEIC試験に特化した学習塾や語学スクールもあります。中でも人気なのは家庭教師ですね。家庭教師ならば1対1の効率的な授業ができますから、TOEICスコアをあげることもけっして難しくはありません。欲を言えばネイティブスピーカーの家庭教師が最適です。

PAGE TOP