TOEICのスコアを上げたい方必見!家庭教師業者6選

LINE UP

Home > TOEICの為の家庭教師について > 英語の能力の高い家庭教師を頼む

英語の能力の高い家庭教師を頼む

家庭教師にTOEICについて教えてもらうことができます。その場合は、英語の能力の高い人を選びましょう。受験英語を教えている人でも構わないのですが、それよりは海外体験のある人やTOEICのスコアの高い人を選ぶようにしましょう。受験英語とTOEICは異なっています。受験英語の場合は、普通の生活で使わないような問題も出されることがあります。しかし、TOEICの場合は、普通の生活で使われる英語が多く出題されます。例えば、ビジネスの場で使われる単語が出されることがあります。そのために受験英語の知識しかない人だったら、この試験を受ける人のために適切な指導ができない場合があります。受験英語の専門家の中には、英語の能力が高い人もいます。例えば、学生時代に留学の経験のある人は、実用的な英語の能力も高くて、この試験を受ける生徒の指導も可能です。

アルバイトの講師はできるだけ避けるようにしましょう。家庭教師の中には、アルバイトの人もいます。アルバイトの人は学生が高くて、英語の能力は高いとは言えません。受験英語の知識は持っていますが、TOEICの指導をできるほどではありません。アルバイトの講師は、授業料が安いメリットがあります。もしアルバイトの講師をどうしても頼みたい場合は、TOEICを受けた経験のある人か、留学した経験のある人を選びましょう。この二つの経験のどちらかを持っていたら、この試験のための授業を適切に行うことができます。講師を頼む前に、その先生の経歴や資格を詳しくたずねるのは、悪いことではありません。派遣会社に依頼したら、それを教えてくれます。教えてもらってよく検討してから講師を選びましょう。

英語の能力は、長文の読解力で決まります。高い能力を持っている人は、長文の内容を的確に把握できます。日本語の場合でも同じですが、文章の意味を確実に理解するのは簡単ではありません。もしそれができる人だったら、英語の能力は高いです。家庭教師を頼むときは、その先生の長文の理解力にも注意しましょう。体験従業を受けるようにすれば、長文の読解能力は分かります。長文の問題の授業をしてもらって、教え方を自分なりに調べてみます。分かりやすく教えてくれる人だったら、その長文の内容をきちんと理解しています。TOEICには長文の問題も出題されます。この試験で一番難しい部分で、点数を落としやすい所です。逆に言えば、この部分で得点できたら、TOEICのスコアは上がります。長文を教えるのが得意な先生を選びましょう。

PAGE TOP